greenest’s diary

子育てパパの節約・蓄財や楽しみを発信します

リスクの考え方について

インスタントコーヒーを「うまいわあ…」と飲み
ながら書いているgreenestです 笑

 

今回は、投資などでよく用いられる言葉「リスク」
について、私の考えを書いてみたいと思います。

 

というのも、少し前までと今では、私の「リスク」
の考え方が大きく変わってきているのです。

少し前までは、次のようなものはリスクが大きい
と考え、手を出さないようにしていました。

 

 ①投資(元本が減るリスク)

 ②借金(返済できなくなるリスク)

 ③変化(今より状況が悪化するリスク)

 

たしかに、投資をしていて投資金額よりリターン
が少なくなれば、それは誰がどう見ても損です。
そしてどんなに優秀な投資先でも、可能性として
は起こり得るものです。

借金についても、「急に収入が減ったら」とか、
「病気で働けなくなったら」、「大きな出費が
あって貯金が減ったら」など、返せなくなって
しまうリスクがあります。(※ただ、私はこれに
関しては今でも手を出していません)

また、一番ふわふわした表現ですが(笑)、「変化」
も嫌っていました。
今、100%満足ではないものの一応それなりの
生活ができているのであれば、引っ越しや転職
をすれば今より満足度が下がる可能性はあり
ますし、それを後で後悔するかもしれません。

 

でも、少し前に仕事で大きなストレスを感じて
いた時に思ったのです。
今のままでいることこそ、大きなリスクなん
じゃないか」と。

 

近年では終身雇用制度の崩壊が始まっていると
言われ、定年も延長されて働く期間も長くなって
きています。

今のままを続けるということは、つまり65歳、
または70歳や75歳まで、健康で仕事を辞めること
なく働き続けるということです。

つまり、リストラや病気がないことや、現状が
ずっと続くということに賭けているとも言えます。
でも、私と同じ30台の方ならあと30年以上、
健康で働き続けることに全賭けするのって、結構
怖くないでしょうか。

 

個人的には、今何もせずに定年までクビにされず
心も体も止むことなく、定年後にしっかり楽しめる
ような健康体を維持できるかどうかは、ちょっと
怪しいんじゃないかと思っています。
どれかに引っかかるか、少なくともかすりはして
しまうような気がしています。

だったら、仕事を変える(転職)というのは最終
手段としても、せめて仕事を続けられなくなっても
大丈夫な状態を準備しておくことが大事なんじゃ
ないかと思うのです。
そういう考えの方は、今のうちにできるだけ小さな
リスクを取って投資を始めたり、リスク許容度が
高い方は、借金してでも事業を始めたりしているの
だと思うのです。

 

要するに、この先数十年、心も体も元気なまま働き
続けて退職できることに賭けることのリスクは
かなり大きいため、今のうちに投資などで小さな
リスクを取ってお金を貯めて、仕事を辞めても困ら
ないようにしておく方が、よっぽどリスクが低いん
じゃないかと思っているのです。

 

…今日の記事はちょっと極論になっちゃったかも
しれませんね 笑

ただ、お金の勉強をしていると、無謀なリスクを
取ることは論外とは言え、適正なリスクを取り続け
ることは何もしないより将来に繋がると強く感じて
います。

 

無謀なリスクか適正なリスクか、ここが一番重要で
一番難しいところなので、日々勉強ですね!

「知らない」ことは貯金の大敵!

こんにちは!3連休の方も多いでしょうか。
お仕事の方は、本当にお疲れさまです!

 

さて今回は、「知らない」「無知」がはらむリスク
について書いていきたいと思います。

 

誰もが義務教育として、小学校入学から中学校卒業
までの9年間、学校などで勉強することになって
います。
また、卒業後も高校に行ったり、大学、大学院で
勉強をする方も多くいます。

ではその後、社会人になって勉強する機会を
考えるとどうでしょうか。

もちろん仕事に関することは、業務時間中を中心
に、場合によっては業務時間以外でも勉強する
ことはあるかもしれません。

でも、それ以外のことを勉強する時間は、あまり
とっていない方も多いんじゃないかと思います。

 

私が勉強の大切さを実感したのは、2~3年前に
お金の勉強を始めてからです。

当時子どもが生まれたばかりで妻が里帰りして
おり、平日の夜に割と時間があったので、
YouTubeで当時関心のあったNISAについて、
何の気なしに検索したのが始まりでした。

その動画では、数年前に積立NISAを始めた方の
現在の資産状況や、様々な投資信託の過去数十年の
価格推移などが示されており、再現性の高さや
始める手軽さから、「これだ!」と思ったのを
覚えています。

子どもが生まれたこともありこれからお金が必要に
なること、早期リタイアやサイドFIREに憧れが
あったことなども影響していたと思います。

 

そして、現在の積立NISAを含む投資信託
保有額は200万円を超えており、含み益も20万円
ほどとなっています。
単純に考えて、この含み益20万円は、当時勉強を
開始していなければ得られなかったものです。
制度を知って、かつ行動した結果、3年以内に
これだけの成果が出ているのです。

 

それ以降、お金の勉強の大切さを知るとともに、
お金の勉強自体が楽しくなってきて、簿記を
取得したり、本格的な節約を始めたりしました。

簿記を勉強したことで、貸借対照表損益計算書
という会計の考え方の根本を学ぶことができました
し、「お金に働かせる」「お金にお金を稼がせる」
という感覚も、だんだん分かってきた気がします。

 

お金って使ってしまえばそれまでなんですが、
うまく運用すれば勝手に増えていくんですよね。

そして、増えるには元手が必要で、元手が大きけれ
ば大きいほど増える額も大きくなること、時間を
味方につければさらに効果が大きくなるということ
を具体的に知れたことは、貯金を進める上で合理的
なモチベーションとして自分の中に強く根付き
ました。

 

逆に言うと、こういったことを知らないと、知って
いる人に比べて「損をしている」という考え方も
できます。
知って行動しているか、知らないかの違いだけで、
上の例だけで見ても3年で20万円も違うのです。
こういうものが積み重なれば、10年後、20年後の差
は歴然でしょう。

つまり、勉強しないことは、「知る」という
チャンスを逃すことになり、リスクにつながると
考えることもできるのです。

 

これからも楽しみながら勉強を続けて、運用する
ための元手を増やすための貯金を進めつつ、知識も
アップデートしていきたいものです!

 


(…おまけ)
 上で書いたNISAのYouTube動画を見たきっかけの1つが、「当時関心のあった」ことだというのもミソです。気になっていなければ、時間があってもそんな動画は見ません。自分の置かれた環境の中で、必要な情報にすぐにアクセスできるよう、アンテナは高くしておきたいものですね!

午後年休を取ったら約1,000円浮いたお話

こんにちは!夏が終わる寂しさと、夜の涼しさの
心地よさで揺れるgreenestです!笑

 

さて、題にあるとおり、先日仕事が一瞬片付いた
時があり、午後半日だけ年休をとりました。

 

大好きなラーメンでも食べて帰ろうかと思ったの
ですが、節約思考が働いたのと、天気が悪かったり
早く帰ってのんびりしたいと思ったのもあって、
まっすぐ帰って昼食を自炊しました。
(なお、妻と子どもはたまたまお出かけして
いました。)

 

妻の親御さんからナスやピーマンなどの夏野菜を
たくさんいただいていて、冷蔵庫が占拠されつつ
あったので、味噌や豆板醤などをベースに酒や
みりんも加えて、回鍋肉風にしてみました。

これがなかなかうまかったんです!笑

ついでに、まだまだたくさんあるナスなどを
使って、翌日の弁当としてナスの肉味噌炒めも
作りました。
残りを奥さんに食べてもらいましたが、目を丸く
して美味しいと言ってくれました 笑

 

平日は手軽さから500円程度のランチを取ること
が多いので、これが2日分ほぼ無料になって、
約1,000円浮いたというわけです。

まあ毎日500円のランチは決して安くはないん
ですが…

 

前にも書きましたが、外食や注文弁当だと
どうしても野菜やタンパク質などが少なかったり、
栄養が偏っている気がしてしまいますが、自分で
作ればそれも解消できます。

体にいい上に、旬の野菜って数十円とかで買え
ちゃうのでコスパも抜群です!

 

そして、この1,000円の節約に大きく寄与したの
が、時間と心の余裕だと思っています。

 

半日休みをとって自分の時間が生まれたことで
少しリラックスできて心が満たされ、大切な
自分への投資をしようという気持ちから、
料理をすることになりました。
料理は立派な自己投資(健康、料理の経験、
節約、…)ですよね!

ちなみに、2日分の昼食を作ってもまだ時間に
余裕があり、子どもと遊んだり読書したりもし
て、早い時間に就寝できています。
これも時間に余裕があるからこそです。

やっぱり自分の時間を作り出して、心の余裕を
作ることは、節約のみならずとても大切なんだな
とあらためて思いました。

 

お金が貯まってくれば、こういった余裕をお金で
買うこともできるようになると思います。

そうやって少しずつ、人生を豊かにする方向へ
進んでいければいいなと思っています!

月額料金の落とし穴について

こんにちは!
だいぶ涼しくなってきて、いい季節になってきまし
たね!

今回は、月に○○円払うというような月額料金が
節約貯金に及ぼす影響について、自身の考えを
書いてみます。

 

月額料金って、そもそもどんなものがあるで
しょうか。
考えてみると、とてもたくさんあることが分かり
ます。
私が今ぱっと思い浮かぶだけでも、

 

・家賃
・映画・ドラマ見放題などのサブスク代金
・通信費
水道光熱費
・子どもの塾や習い事の料金

 

こんな感じでしょうか。

今回のブログの題に「落とし穴」と入れましたが、
表現が少々大げさだとしても、月額料金には注意が
必要だと思っています。

例えば映画見放題などのサブスク料金。
仮に月1,000円だとして、手取りの給料が10万円
だとすれば、手取りの内のわずか1%の金額で
映画などを見放題なので、とても安いと感じます。

ただ、これはあくまで「月額」で考えた場合の話
です。
仮に5年間使った場合、料金はいくらかかるで
しょうか。

 

 1,000円×12か月(1年)×5年=6万円

 

つまり、5年間使う場合は、6万円支払うことに
なるということです。
もしサブスクを契約するときに、「月額1,000円」
じゃなくて「入会金6万円」(月額料金なし)
だったら契約するでしょうか。
私だったら少なくともためらいはします。

でも、5年間使う場合の「月額1,000円」と
「入会金6万円」は、インフレ率などを考慮しな
ければ全く同じ意味です。
印象に大きな違いがあることが分かりますよね。

 

節約貯金が上手な人は、このあたりの感覚が鋭い
が多いんじゃないかと思っています。
ぱっと見の印象に惑わされず、「長い目で見て結局
いくらかかるのか」という観点で考えると、本当の
意味でその価格だけの価値があるかどうか、
フラットに考えて判断できます。

 

ただし、月額料金の支払いになるものはすべて
避けるべきだと言っているわけではありません。
中にはお得なものもあると思いますし、そもそも
家賃など、月額料金でしか払えないものも多くある
ため、上で書いたようなことに注意して支払うよう
にすれば問題ないと思っています。

また、途中でやめる可能性があり、とりあえず
やって
みるということができるのは、月額払いの
良い面の1つなのかもしれません。

私は月額130円で、スマートフォンの写真データを
クラウド上に保存していますが、1年で1,560円、
10年で15,600円です。
これを安いと考えるか高いと考えるかは
人それぞれだと思いますが、きっと私が知らない
だけで、もっと安価に、あるいは無料で保存する
方法があるのではと思っているため、いつかは
月額払いをやめたいと思っています。

 

月額料金を払っているものがある方、これを機に
ぜひ一度確認してみてください!
この記事をきっかけに、皆様の毎月の貯金額が
少しでも増えれば幸いです!

利子・利息と株価上昇について

みなさんこんにちは!
今日も節約貯金について、最近思ったことを書いて
みます。

 

先日、給料の振込先の銀行口座を見たところ、利息
が付いていました。
いくらぐらいだったでしょうか。

…なんと、8円です!!笑

 

お金の勉強を始める前は、ただ預金しておくだけで
少しでもお金がもらえるならありがたいくらいに
しか思っていませんでした。
でも、本当にそうでしょうか。

 

参考に、1年半~2年ほど前以降に本格的に
積み立てを始めた投資信託は、本日現在
「+212,517円」となっています。
投資した金額に対して21万円の含み益です。
利息と株の含み益は性質が全然違うため、一概に
比較はできませんが、投資したお金は銀行に預けた
場合と比べて26,000倍ほどプラスになっています
ね 笑

 

銀行は会社や個人などいろいろなところのお金を
預かる一方、いわゆる「融資」という、お金を貸す
業務も行っています。
そして、銀行は貸したお金を返してもらう時には
利子を付けて返してもらいますが、この利子が
なかなか大きいわけです。

銀行が受け取る利子の方が、我々が銀行から
もらえる利息よりも大きいのは、長年銀行が存続
してきた理由の1つなんでしょうね。

 

さて、最近さらによく聞くようになった
「物価の上昇」
いろいろな物の値段が上がっていますよね。
一方で給料は増えているでしょうか。
少なくとも近年の日本では、諸外国と比べても
順調に伸びているとはとても言えない状況です。

 

物価が上昇するのに給料が上がらないのでは、
当たり前ですが貯金のスピードは減る一方です。
銀行は利息を付けてくれますが、雀の涙ほどです。
なんとかして物価の上昇に追いつけるように、
お金も増やしていかなければいけません。
そこで、個人的によいと思っているのが上でも例を
見た積立NISAなどによる投資です。

 

マネーリテラシーの高い方はご存じかもしれません
が、NISA制度がさらに使いやすくなるよう、国で
検討が始まろうとしています。
もちろん投資なので損をする可能性もありますが、
私の場合は上に書いたように20万円以上のプラスに
なっています。

 

本格的に積立投資を始めたのは最近とは言え、私は
約6~7年前から少額で積み立てを開始しており、
自分の購入している商品はそれなりに信頼できると
いうことが、実績としてわかってきています。
(もちろんさらに10年後は急落している可能性も
ありますが)

そのせいか、気づいたら普通預金の額よりも、
積立NISAやiDecoを含む投資商品の額の方が少し
だけ大きくなっていました。けっこうがっつり
投資しているんだなあと実感する次第です。
貯金より投資額の方が大きいなんて、少し前の私の
感覚だとあり得ないことでしたが、アメリカなど
ではけっこう一般的なようです。

そして私の場合、投資商品の含み益の増え方を見て
いると、物価の上昇分は十分カバーできているなと
いう感じです。

 

これからも必要なお金は使いつつ、無駄な出費は
極力減らして投資に回し、資産形成のスピードを
上げていきたいと思っています。
また随時、状況をご報告できればと思います。

 

今回はこんな感じで終わります!ではでは!

お盆に食材をたくさんいただいたお話

夏真っ盛り!みなさんいかがお過ごしですか?
お盆休みは満喫されたでしょうか。仕事などで
お忙しかったですか?

 

私は数日の休みがあったので、私と妻の実家に
それぞれ1日ずつ行ってきました!
(以下、画像はイメージです)

 

お盆っていいですよね。
ご先祖様に思いを馳せて、みんなで集まってご飯を
食べる。これだけで元気が出ます。

このご時勢なので大勢では食事ができませんでした
が、4人以内になるようにテーブルを分けたりして
楽しい時間を過ごせました。

 

妻の実家では野菜や果物を作っていて、野菜では
新鮮なトマトやピーマン、茄子、果物は桃やすいか
などを大量にもらってきました。

野菜や果物を作っている方って、たくさん採れると
食べきれなくて譲ってくださったりしますよね。
本当にありがたい限りです。

 

私の実家の方でも、父と母が孫(私の子ども)を
たいそう可愛がってくれるので、当然のように
お土産に大量のぶどうや梨など、息子が好きな
ものを渡してくれます 笑

 

楽しい時間はあっという間ですが、お盆が終わって
も妻がもらってきた野菜たちを料理してくれ、
素晴らしい時間が思い出されます。
食事を腹八分目にしてデザートに果物を食べれば、
食事の満足度アップと健康の両方を手に入れられて
最高です!
そしてこれらの食材はいただきものなので、健康に
良い上お金もかかっていません。


当然お金より家族と楽しい時間を過ごすことの方が
何倍も大切なので、節約のために野菜などをねだる
ようなことはしませんが、好意でいただけるので
あればありがたいことには変わりありませんよね。

おもてなしをいただいた分以上に、できるだけ
親たちを孫に会わせる機会を増やしたり、喜んで
もらえることをたくさんしてお返ししたいと思う
今日この頃です。

 

去年は我が家でもミニトマトを育てたりして
いましたが、今年はやっていませんでした。
来年はやろうかな。

将来お金と時間に余裕が持てれば、もう少し大規模
に野菜やお米を作ってみても楽しいのかも
しれません。

…そう思うようになったのも、大人になったから
かなあ。歳取ったのかなあ…笑

 

今回はこんな感じで終わります!それではまた!

資産管理は「シンプル」に!

突然ですがみなさんは、自分の資産(現金預金、
株式や債券、仮装通貨など)の総額を把握されて
いますか?
このブログをお読みになっているということは、
貯金をしている、あるいはしようと思っている方
が大半だと思うので、なんとなくでも把握して
いらっしゃる方は多めなのかもしれません。

 

今回は、資産管理をできるだけシンプルにすること
の重要性を書いてみます。

自分が今どのくらい資産を持っているのかを正確に
把握することは、例えば1年後に総額で増えている
かを把握する上でも非常に重要ですし、手持ちの
お金をどう使っていくか計画するのにも必要になる
ので、資産額の把握もシンプルで簡単なほうが
いいよねというお話です。

 

まず、私の経験談を書いてみます。

貯金を始めた数年前の時点では、私は預金口座を
5つほど持っていました(多すぎ…笑)

①社会人になって作った普段使いの口座
②大学生時代に作った口座
③親がお年玉などを管理してくれていた口座
④職場に営業に来た金融機関に作らされた口座
⑤投資を始めるにあたって作った口座

これだけ多いと、資産がいくらあるか確認する時
に、銀行口座だけでも5回残高を確認して、足し
上げなくてはいけません
これにプラスして株を持っていたら、資産を把握
する作業が面倒で嫌になりますよね。

 

そこで私は、上にあげた①~⑤の口座のうち、
②、③、④をきれいさっぱり解約して、預金を2つ
の口座にまとめました。
本当は1つにしたかったんですが、①が給料の受取
口座に指定されていて、⑤も投資をする上であると
便利な口座(楽○銀行です 笑)なので、これ以上
減らすことはやめました。

すると、自分が思っていたより資産を持っている
ことがわかり、ここから株を購入する額も大幅に
増えました。

 

あるあるだと思うのですが、私で言う②~④の
ような普段使わない口座って、1年に1回数円から
数十円の利息が付くだけで、お金の動きが全く
ないんですよね。
だったら、株を購入して資産形成に充てた方が
絶対に良いと思ったのです。

あと、地味に自分が把握している資産額が増える
ことになったので、心の安心感にも繋がって
います 笑

 

以前に、超簡易家計簿のブログの中で、自動で
家計簿を付けてくれるアプリのことを少しだけ
書きました。

greenest.hatenablog.jp

 

この時点で、こういったアプリは怖くて使って
いないと書いていますが、実は今現在は使い始めて
います。
たくさんあった口座を整理することで、自分が把握
できていない資産があるのではないかと思ったから
です。

使ってみると意外と便利で、例えば現金(預金含む)
と株式の比率が見られたり、iDecoや各種ポイント
などの把握が面倒なものも瞬時に確認できます。

もちろん口座情報などの個人情報を提供することに
なるので怖い方は使わない方がよいかと思います
が、それを抜きにすれば便利だとは思っています。
怖い方は、同じブログ内でご紹介したように、
エクセルの簡単な家計簿でも十分でしょう。

 

「現金」「預金」「株」など、資産額をバラバラに
把握するのではなく、まとめて総額で把握すること
で、そのうち何割を株の購入に充てるかなど、
資産形成の方針を考える上で非常に有効です。

シンプルな資産管理、まだの方はぜひお試しを!