greenest’s diary

子育てパパの節約・蓄財や楽しみを発信します

節約していて幸せだと思った瞬間について

こんにちは!子育てしながら節約貯金をコツコツ
続けるgreenestと申します。

節約や貯金、蓄財について、専業主婦の妻と
最近2歳になった息子と3人で年間約100万円の
貯金実績をもとにブログを書いています。

 

今週から4月ということで、進学、就職、職場の
異動など、環境の変わる方も多いのではないで
しょうか。
こういった節目というのは、毎年振り返ることを
考えても貯金を始めるよいタイミングですよね!

 

さて今回は、節約貯金に取り組み始めて2年に
なろうとしている私が、節約をしていて幸せだ
と思った瞬間をご紹介していきたいと思います。

どうしても「苦しい」とか「我慢」というイメージ
があると思いますが、この記事をご覧いただいた
ことで、節約が楽しいものだと思っていただける
方が少しでも増えれば嬉しい限りです。

 

それではいきましょう!

 

①資産が増えていることが実感できた時

f:id:greenest:20220403190615j:plain

節約貯金の一番の目的は、言うまでもなくお金を
増やすことです。
このことから必然的に、お金などの資産が増加
していることが確認できれば、幸せを感じること
ができます。

割と見過ごしがちですが、この資産増加の「確認」
をしないと、節約の効果が実感できず、長続き
しなくなってしまう恐れがあります。

冒頭でも書きましたが、年度変わりの4月や、
年が変わる1月など、自分の良いタイミングで、
節約貯金の成果を確認するようにしましょう。

 

私の場合は、最低でも月に1回は、自分の資産が
前月と比べてどう推移しているか確認するように
していて、12月から1月頃に、前年との比較を
少ししっかり確認するようにしています。

1点注意点としては、この確認を頻繁に
やりすぎてしまうと、なかなかお金が増えている
実感ができないため、逆に節約をやめてしまう
リスクが増えてしまいます。

ほどよく感覚をあけて確認するのが、一番効果が
大きいと思っています。

 

②将来の貯金額を想像したとき

f:id:greenest:20220313194818j:plain

例えば週に1回ほど、コンビニで何気なくお菓子
や飲み物を買っているとします。

これが2週間に1回でも、自分の生活の満足度に
それほど影響がないのであれば、回数を減らして
みます。

1回の買い物で300円分買っているとすれば、
1か月で600円、1年で7,200円になります。

 

同じように、土日に1回ずつ行っていた外食を
どちらか1日だけにすることで、週1,000円浮く
のであれば、月に4,000円、年間約5万円になり
ます。

こういったものをいくつか積み重ねれば、効果は
どんどん大きくなります。

上の2つの例だけでも、「10年後には57万円」と
考えると、自分の満足度をそれほど落とさずに、
かつ将来の57万円に突き進んでいると思えて、
幸せを感じられることがあります。

 

③工夫するとき

f:id:greenest:20220403190917j:plain

節約貯金の成果が出てくると、ストレスにならない
程度で他に節約できることはないかと考えることが
あります。

自炊で鶏肉を使うにしても、カットされたものより
1枚のものを買って家で切った方が安くなります
し、同じ本を読むにも新品より中古、図書館の本の
方が安い(または無料)です。

ジムで筋トレせず走っているだけなら、家の周りの
お気に入りのコースを見つけて走れば、お金と健康
が両方手に入ります。

こうやって、自分の頭で考えて工夫するようになる
ので、受動的でい続けるより刺激があり、楽しいと
感じます。

 

④根源的な幸せに気づいたとき

f:id:greenest:20220403191020j:plain

自分にとって当たり前だと思っていたり不可欠だと
思っていたものが、やめてみると意外とそうでも
ないと気付くことがあります。

前回の記事と被りますが、我々は日本という安全な
国で、十分恵まれた時代に生きています。

自分で作った料理のおいしさや、外気を浴びながら
のランニング、家族との散歩や友人とのホーム
パーティーなど、お金をかけなくても楽しいことが
たくさんある、むしろお金をかけないことの方が
根源的な楽しさがあるということに気づきます。

月に数千円のジムに通って運動し、終わったら外食
すれば、それで本当に月約1万円分の価値があった
と言えるかどうか、人それぞれだと思いますが
考えてみる価値はあると思います。

 

⑤貯金額によって心に余裕ができた時

f:id:greenest:20220403191325j:plain

これは自分の実感としてあるものですが、節約貯金
を続けて資産が一定額を超えると、心に余裕が
生まれます。

ある程度「増やせた」という実績があれば、「これ
には少しお金を払っても大丈夫」という感覚も
磨かれてきます。

特に、自分が本当に楽しいと思える趣味や経験、
大切な人への贈り物など、節約しない方がよいと
思われるものに、何の躊躇もなくお金を出せるよう
になります。

また、例えば仕事が辛くても、現在の収入で○○円
貯金できたと分かっていれば、転職して多少収入が
減っても十分やっていけると思えたり、万一急に
病気やケガがあっても、貯金で十分賄えるという
心の余裕が生まれます。

実際に使わなくても、自分には貯金があるという
事実だけで、気持ちが楽になるのです。

 

 

いかがでしたでしょうか。久々に少し長めのブログ
を書いてしまいました。

すべて取り入れている方は共感していただけました
でしょうか。

まだやっていないものがある方は、ぜひ試してみて
いただきたいと思っています。
ご自身に合わなければすぐにやめていただいて
大丈夫です!

 

2022年度も、一緒に節約貯金、ガツガツ進めていき
ましょう!